「かえるになったお姫様」ストーリー

かえるになったお姫様

深い深い森には、森の守り神の鹿たち、そして、森の妖精たち、お花たち、小鳥たちが住んでいます。
森は、森の女王によって、いつも平和におさめられていました。

女王には一人娘のお姫様がいました。
お姫様は成長し、もうすぐ森の女王にならないといけない時が近づいていました。
しかし、姫は妖精たちと遊んでばかり。
女王という責任ある仕事につきたくないのです。
まだまだ、子どものままで遊んでいたいのです。

お姫様は、母の女王様から次の女王がかぶる王冠をもらいましたが、その重みがとても憂鬱で、投げ出してしまいました。

それを見てしまったお母様である森の女王は怒り、森全体にに魔法をかけてしまいました。
成長できないお姫様に試練を与えたのでした。

どんな魔法でしょうか。
一匹のあまがえるがお姫様のところに近づいてきました。お姫様は実はかえるが大の苦手。かえるに触れられてお姫様は気絶してしまいました。

その様子を森の守り神の鹿たちがその運命の行方を見守るように駆け抜けていきます。
お姫様は、ようやく気が付きました。
しかし、周りのお友達の妖精たちの様子が変です。
なんと、お姫様はかえるになってしまいました。
醜い姿になったお姫様は、自分の姿に驚き、悲しみました。
そして、悲しかったのは自分が変わってしまったことだけではありません。
周りの仲良かった妖精たちが、急に意地悪になりました。
可愛いお花や鳥たちはお姫様の姿に驚き、慌てたり、ひそひそ話をしたりしました。

お姫様は心について学びました。
意地悪されることがどれほど辛い思いになるのかということや、
中身はかわらないのに、見かけが変わると、周りの態度が変わることも学びました。

森の守り神の鹿たちがやってきて、森を駆け抜けました。

その時です。森は真っ暗になり、森の女王が現れました。
女王が人差し指を天に向けて高々と上げました。
ようやく、魔法がとかれました。

静まり返った森の中で、お姫様は、放り投げた王冠をゆっくりと被りました。

お姫様は、人の心がわかる温かく優しい立派な森の女王になりました。

森は元通り、温かく優しい妖精やお花や小鳥たちが平和にいつまでも暮らしました。

おしまい

今年10月の発表会のメイン演目は?

10月6日開催の秋の発表会に向けて、みんなでがんばっています。
今年のメイン演目は、

2020年の秋に初演した創作バレエ「かえるになったお姫様」と、「アイガットリズム 人生は旅」再演です。

2020年・・・。
新型コロナで、5月に緊急事態宣言もあった年です。
そんな中、リモートレッスンでストレッチしあったり、人数制限しながらレッスンしたりみんなで落ち込む気持ちを乗り越えてきました。
発表会は、客席が半分しか使えない状況でした。
そんな状況でお越しいただいたお客様、がんばった生徒達、サポートしてくださったご家族の皆様・・・本当に感慨深いです。

今年は、
その思い出の作品を新しいメンバー達で踊ります!

なんと、2020年生まれの生徒も、発表会のプレ体験に参加されます!
時は、速いです・・・!

2024年10月6日(日)
京都西文化会館ウエスティ

「かえるになったお姫様」

曲 魔法使いの弟子
作曲 ポール・デュカス

「アイガットリズム 人生は旅」

作曲ガーシュウィン

母親の習慣が自身の子どもに強く影響してしまう…腸活の真実 

最近、小学校で風邪が流行ってきているそうです。

これからの時代、ますます健康、免疫力大切ですね。

医師の吉野敏明氏Youtubeで、
「母親の習慣が自身の子どもに強く影響してしまう…腸活の真実」 というのを見ました。

私たち人間は殆ど菌でできてるのですね菌の大切さがわかる動画です。

大人のために、子どものために、これから生まれる赤ちゃんのために、これから赤ちゃんを産む女の子、そして夫になる男の子に、ぜひ知っておいてほしい知識だと思いました。

ご興味がある方は、ぜひご覧ください。
下の画面をクリック

5月ある日のプレ&キッズの練習風景

ご家族の方も参加していただき、この日もみんなで楽しくレッスンできました❣
初めは、ご家族と離れられなくても、みんな、少しずつ一人でできること増えていきます。
この日はいつもよりみんな体が柔らかくて、ヒロム先生はびっくりされていました。

治験されてないワクチン、お菓子に入る日が来るの・・・?

「WHOから命をまもる国民運動 official」さんの
厚労省会見室で、行われた会見の動画の切り抜き動画を拝見しました。

これから日本人に対し接種が始まる可能性大の自己増殖型レプリコン。
・・・もしお菓子、アイス、ヨーグルト、等々にも入るようになると、接種せずとも子どもたちの口に入る可能性大・・・

もしよろしければ、会見動画をご覧ください。
私はショックを受けましたが、知ってよかったと思いました。

ラット→サル→人の順で治験が普通だそうですが、
ラット→日本人で治験!

国を疑わず、性善説で、勤勉で、まじめな日本人、色々な面で能力の高い黄色人種、敗戦国の日本人・・・
利用されているのでしょうか・・・。

幼少期からはみ出る行動をしないように教育され、行動せず傍観することに慣れているけれど、黙っていたら、日本はとんでもないことになる、そんな現実を突きつけられたと感じました。

さて、命をまもる大決起集会、再度、開催されるそうです。(前回のデモは池袋で数万人規模で行われました。)

国民運動の拡大と国際的連携を掲げ、この度新しい団体を結成。WHOと政府の暴走、人為的パンデミック阻止のため共に立ち上がれ、日本国民!

5月31日(金)日比谷公園大音楽堂にて大決起集会・パレードデモ
共同代表:井上正康・林千勝・河添恵子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下は、Yahoo!ニュース(弁護士JP ニュース)4/18 より

「国に人体実験させられた」新型コロナワクチン遺族ら13人が損害賠償求め提訴

「人体実験をさせられた」――。新型コロナワクチン接種後の死亡者遺族8人と健康被害者5人の計13人が国に損害賠償を求め、「新型コロナワクチン接種後被害の救済を求める全国新型コロナワクチン被害者及び被害者遺族集団訴訟」を提起し17日、東京地方裁判所に訴状を提出した。
(原文ママ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪市立大学医学部名誉教授の井上正康教授からのメッセージ
「パンデミックは、WHOが世界中のすべての人々にワクチン接種を推進するための偽の口実として利用されました。通常10年以上かかるワクチンの開発時間を1年未満に短縮する計画が立てられました。ワープスピード作戦。この作戦は、遺伝子ワクチンの誤った概念を隠蔽するために使用されました。時間節約の名目で、非常に危険な方法が選ばれました。それは、ウイルス遺伝子を筋肉内注射して、毒性のスパイクタンパク質を直接人間の組織に生成し、免疫系を刺激するというものです。これは人類の歴史でこれまでに適用されたことのないまったく新しい方法であり、誤った方法であるため、ほとんどの医師が適切なインフォームドコンセントを与えることは不可能です。しかし、無責任な政府とメディアのワクチン促進キャンペーンにより、残念ながら日本人の80%がワクチン接種を受けました。これまでに7回の接種が行われました。これは世界で最多であり、最悪です。その結果、人類史上かつて見たことのないようなひどい薬物誘発性障害が誘発されました。健康な人々、特に健康な子供たちに実験的遺伝子治療を不正に使用することは、人権の極度の侵害であると私は信じています。」

お花満開の季節です

教室のエントランスは、お花が満開。

みんなと会えるのを待っています~

今週は、秋の発表会に向けてキャラクターダンスの振付も始まりますよ。

キャラクターシューズ忘れずにね!

スマイル ウィズ ダンス1周年!

今までなかったダンスのお仕事を日本に創り、入院中の方、ご病気の方にひと時の癒しと活力をお届けするというコンセプトのスマイルウィズダンスが生誕1周年を迎えました。
まだまだ、生まれたての事業ですが、

涓滴岩を穿つ(けんてきいわをうがつ)

水滴がずっと続いていたらいつの日か大きな岩に穴を開けるようにコツコツと歩んでいきたいと思っています。

ここに、スマイルウィズダンスにお寄せいただいた応援メッセージをいくつか掲載させていただきます。(原文ママ)他沢山メッセージを頂いておりますので是非ご覧くださいませ。
医療関係者からの応援メッセージはこちら
地域の方々からの応援メッセージはこちら
お寄せいただいた皆様に改めて感謝申し上げます。

<医療・福祉介護関係の方からの応援メッセージ>

病院や施設で家族や親しい人と離れて生活されている方々は、身体より先に心が病んでしまうことが多いと思います。

私は医師となりましたが、3歳の頃からバレエに魅せられ、現在も折に触れて舞台に立たせていただいています。バレエという芸術は無限の可能性があると思っています。
現在、内科医として病院勤務をしており、患者さんの心の支えになりたいと思う一方で、業務に忙殺される余り患者さんの心を癒すことができていないことにもどかしさを感じています。

健康を失った時、同時に心の平穏や思いやりまでも失ってしまう経験は誰しもあると思います。医学的に説明ができないことでも、身体と精神の繋がりは計り知れません。

いつの時代も人の心を動かすのは人の心であると思います。Smile with Dance を通じて、ダンサーたちが踊る姿を目の前で観ることは、病める人にもそれを支える人にとっても癒しになり、生きるエネルギーをもらう素晴らしい機会になると信じています。
 
ダンスを愛し志す全ての皆さんの想いが、より多くの方々の心に届きますように。

医師
工藤 千晶 様より

芸術鑑賞会などで生(なま)のものにふれると、子どもたちはとても素直な反応を示します。今やTVやDVDなどでいくらでも音楽や舞台に親しむことはできますが、生ほどダイレクトに届くものはありません。
 生のものは生きていて、その瞬間にしか存在しえない、本物だということを、肌で感じているのでしょう。
 たとえ目が見えなくても、言葉が話せなくても、その場の波動を感じとり、真剣な表情になったり、ぱっと顔を輝かせたり、ときには涙を流すことも。こうした宝石のようにきらめく瞬間を、私は幾度も目にしてきました。
 人が豊かに生きていくには、このような質の高い時間が必要です。
 Smile with Danceは、ダンスと医療や福祉をつなぐマッチングサイト。   
 この画期的な仕組み、そしていくつもの魅力的なプランから、どんな状況にあっても、本物がもたらす感動を味わえる人々が増えますように。

特別支援学校教員 
犬竹喜代美 様より

<地域の方々からの応援メッセージ>

初めてSmile with Danceのコンセプトを聞いた時、なんと豊かな未来を描ける方なんだろうと心躍りました。コロナ下でこれから私たちはどうなっていくだろうと不安一色に染まりかけていた頃に、医療機関や福祉介護施設でのバレエコラボとは。この発想に勇気をもらい同時に優しく心癒されました。そしてなんとも斬新なセレモニープラン! このようなお見送りをしてもらったら旅立つ側も見送る方も笑顔しか残りませんね。日本に芸術という愛が広がっていくことを願い、応援メッセージにかえさせてもらいます。

金子元美 様より

私たちはバレエの作品を記録しその舞台の感動を上手く表現するために
編集をしお伝えしています。

しかし、映像制作者にとって伝えることが難しいものがあります。

それは空気感です。

映像はテレビやスマートフォンなどの画面を通してしか観ることができず
会場の熱気やダンサーから発せられる息や汗や音など
それらすべてのエネルギーやパワーを伝えきれていません。

だから人々は直接劇場に足を運び
ダンサーから発せられるエネルギーやパワーを感じ
それらを「明日への活力」にします。

そしてバレエには古典やコンテンポラリーなど様々な作品があり
それら全ての作品は音楽やダンサーが表現し
観ている人々の心を豊かにしてくれます。

「Smile with Dance」の活動によって
医療機関の患者さんや
福祉、介護施設で暮らす人々にも「喜び」「感動」「笑顔」そして
「明日への活力」が届けられ
皆様の心が
より豊かになられます様
切に願います。

株式会社ビデオジャイブ
代表取締役 藤井庸二 様より

What a fantastic idea!

I love this concept to bring dance, happiness and lots of smiles to people who really need it.

I have parents who are both in their 80’s. They have always been interested in the arts and would enjoy this experience so much.

I only hope this program is picked up in my home country of New Zealand. 

From what I understand, music and dance reduces depression, enables social interaction and heightens happiness.

I think this is wonderful.

I hope ‘Smile with Dance’ becomes the success it deserves.

I wish you well. 

Mark Watson 

マーク・ワトソン 様より

例えば、【あなたのことを大切に想っています】という気持ちを、そのまま言葉にして伝えること、手紙を書いたり、花を贈ったり、おいしい料理を振る舞ったり、
その身体を静かに抱きしめたり……など

想いを伝える方法はたくさんありますが
せりさんの【ダンスを通して温かな想いを伝え届けるお手伝いがしたい】というお話しを、以前、聞かせていただく機会がありました。

肉体を持ち生まれたことの喜びと、その魂へ。
様々な場面で、あなたは大切に愛されていますよ、というメッセージが人の本質へ語りかけ、その一人一人が生きる意味を包んでくれるように感じています。
ダンスを通して、たくさんの方へ届きますように。
せりさんと、それに関わる皆さんの活動を応援しています。

佐々木愛子 様より

どんなに時代が変わろうと人が幸せを感じる心は変わっていないのに、何事もシステム化され大切なものを忘れてしまいがちな世の中。介護、看護の閉塞感で押しつぶされそうな日常。身体が思うように動かせない苛立ちを抱え込んで過ごす日々。

自由に力強く、美しくそしてしなやかなダンスを目の前にして一人でも多くの方の心がキラキラしたら素晴らしいな、と思います。Smile with Danceに乗せられたせりさんやスタッフの方々の願いが広がりますように。

せりさんのバイタリティ、創造力、実行力ほんと尊敬します💙

坂下 様より

 

自重トレーニングがんばったよ

みんなでフェルデンクライスメソッド、タッピングを楽しんだ後、自重トレーニングを何種類か行いました。
バレエのみならず、健康のためには、体を真っ直ぐ保てるの筋力、必ず欲しいです。

画像のトレーニングの他に、エクササイズボールを使って二人組で行うトレーニングもしましたよ。
体幹を強くした後は、脚も高く上がりやすかったで

なぜアトピー皮膚炎になるのか?なぜ子宮疾患が激増しているのか?

なぜアトピー皮膚炎になるのか

なぜ子宮疾患が激増しているのか

アトピーの方、生理痛がきつい方、昔に比べると非常に多くなったと実感しています。
よろしければ、ぜひご覧くださいませ。

吉野敏明氏のYoutube動画学ばせて頂いています。

 

子どもと孫の未来のため、そして、家族と自分の将来ために、パンデミック条約反対の署名しませんか?

NHKニュースでコロナワクチン被害の集団訴訟のニュースが報道されました。
2024年4月17日 17時57分

老若男女問わず、健康被害で苦しんでいる方、亡くなられた方がこれ以上増えないためにも、以下の署名は何かを動かすきっかけになる可能性があるかもしれないと感じています。

前の投稿にも署名運動です。ご賛同できる方は是非ご検討くださいませ。

ワールドカウンシルフォーヘルスジャパンの100万人署名運動

〜すべての人が健康と幸せを自由に選べる世界に〜

WCH(ワールドカウンシルフォーヘルスジャパン)の100万人署名 5/20期限

【署名 I 】 死者激増の説明を求める
 2022年から、新型コロナや高齢化のみでは説明できない異常な死亡数の増加があり、政府に原因調査と対策を求めます。

【署名 II】 ワクチンの薬害と死亡の説明を求める
わずか3年間に国が認定したコロナワクチン接種による死亡は、他のワクチンの過去45年間における死亡者数の3倍を超えています。政府にコロナワクチン接種の一時停止と安全性再評価を求めます。

【署名III】 国際保健規則(IHR)改定とパンデミック条約に反対する
 世界保健機関(WHO)は5月の総会で正規な手続きを経ず、パンデミックが起きた時に人権を侵害しうる条約の制定を進めています。政府に条約に反対するように求めます。

先生たちも署名いたしました!

私がしなくても、いいかな。
私、ひとりがしなくても、結果は変わらないかな。
と考えるのはやめようと思いました。

この署名は、子ども、大人、年齢関係なくできるようです。

例え署名が100万人にならなくても、行動したという事実、同じ思いでいる人がいるという事実は、私たちがこれから生きていく上で力になると思います。

これまでマスコミの報道を信じ、国を信じ、NHKを信じ、WHOを信じ、家族を大切にしたい思いから、私たちは接種という行動してきました。
しかし、現実として集団訴訟が起こされている今、疑いの目をも持って行動していくことが、大切な時代だと感じます。
特に日本人は優しく、性善説
それは素晴らしい面もあれば、時に・・・。

さあ、バレエに限らず、好きなことを思い切りできる健康な体であること!
夢に向かって頑張れる体であること!
子どもたちに、まだ見ぬ子どもたちに、それが続いていくこと!
願ってやみません。
どんな夢を持っていても、体がしんどいとがんばりたくてもできないのです。