<第2回、野村綾子先生WS>

9月3日、野村先生の第2回目のWSでした。
前回、参加した人は、注意されていたところを、気をつけるよう心がけていました。
今回は、小学5年、6年も、数名参加しました。
きっと、いろんな刺激を受けたと思います。
大人になっても忘れないと思います。

Img_0932_480x640_3

<留学生の送別会しました>

9月5日、バレエ留学する生徒の送別会をしました。

小学生も、中学生も、高校生も、、踊りを披露し合って、前途を祝福!

とっても、素敵な時間になりました。

夢に向かってがんばってくださいね。

みんなで応援しています!

Img_0941_640x480

1_640x480_2

みんな元気だ~!

<留学生たちの旅立ち>

9月は、別れの時期になりました。

今まで、教室を引っ張ってきた生徒が、夢に向かって旅立っていきます。

終わりのない芸術、その高みに向かって、一歩づつ歩んでほしい。

中高生、大人クラスみんなで、プレゼントしてくれたTシャツ、

ありがとう。

Img_0976_480x640

2015.7.11 summer performance のロゴと
先生の踊ったラ・シルフィードのイラスト入り。
恐縮です・・・。

<クリスマス公演決定!>

クリスマス公演日程が決まりました。

2015年12月25日(金)
京都市西文化会館、ウエスティ 創造活動室

今年も、小さな手作り公演です。

昨年の初公演は、大好評ながら、ダンサーの足元が見えなかったので、今年は、客席をぐんと減らして、昨年より、広々と、観ていただけたらなと考えています。

コツコツ、出来る範囲で続けていくことで、いつの日か、

年末には、「紅白」!クリスマスには「くるみ割り人形」!

と、この小さな街に根付いてくれるといいなあって思います。

さて、今回は、いつも主要な役を演じてくれているメンバーが、大学受験準備や、海外留学・・・で、残念なことに不参加です。

で、いよいよ、中学生がメインで、頑張ることになりました!!

脚本も、ダンサーに合わせ、昨年とは、全く違ったものを書き上げましたよ。

フレッシュな風が感じられる舞台になりそうです。

お楽しみに~~!

<くるみ割り人形とドロシーばあさん>

 

今年の公演の脚本が出来上がりました。

皆様、どうぞお楽しみください・・・・。

「くるみ割り人形と、ドロシーばあさん」  脚本 Seri

 

今日は12月25日、クリスマスです。ドイツという国の北のはずれの片田舎での出来事です。

だんだん辺りはすっかり暗くなって来て、雪が降ってきました。子供達が、シュタールバウム家の方に向かって急いでいます。そこへ、この辺りではあまり見かけない感じの、ちょっと風変わりな、おばあさんが、古ぼけた地図を片手に現れました。

 

幕開き

 

シュタールバウム家では、お母さんがクリスマスパーティの飾り付けをしています。その家の二人の子供達、心優しい妹のクララと、やんちゃな兄のフリッツは、早くパーティが始まらないかと待ち切れない様子です。

 

さあ、ようやく、たくさんのお友達がシュタールバウム家に集まってきました。クララもフリッツも嬉しそうです。

そこへ、先ほどのちょっと風変わりな、おばあさんが、訪ねてきました。実は、そのおばあさんは、シュタールバウム家の遠い遠い親戚で、外国に住んでいる、ドロシーという名前の魔法使いだったのです。

 

子供達は、ドロシーが、何か、隠しているのをみつけ、それを見せて、とねだりました。ドロシーは、もったいぶりながらも、持っているものを、高々と自慢げに見せました。それは、醜い顔のくるみ割り人形でした。子供達は、気持ち悪がり、ぷいっとそっぽを向き、、お母さんの方へ行ってしまいました。

ただ一人クララだけは、くるみ割り人形を気に入り、ドロシーに、それを私にください。とお願いしました。ドロシーは、たいそう喜んで、何やら、もぐもぐとなにかを唱えて、指をくるくる回してから、クララに、プレゼントしました。

クララは、人形をギュッと抱きしめ、挨拶するようにゆっくりキスをしました。

すると、どうでしょう。

今まで賑やかだったパーティは静まり返り、誰ひとりとして動きません。ドロシーとクララ以外は。クララはとても不思議な気持ちになり、じっと、くるみ割り人形を見つめました。どのくらい経ったでしょうか、ドロシーがもぐもぐなにかを唱え、指をくるくる回すと、みんな、何事もなかったように動きだしました。

 

楽しい音楽が次から次へと流れます。

子供達は、ますます、楽しく踊ったり、おしゃべりしたり、酔っ払った大人たちをからかったりして、楽しい時間を過ごしていました。

 

しばらくして、魔法使いのような格好に変装したドロシーが現れました。みんなは、それが誰だか分からず、ちょっと怖くて後ずさりし、遠巻きに眺めました。

彼女は杖を取り出し、それを振りました。あれ?不思議なことが次々起こります。まるで手品師のようだと、みんなは大喜び。でも、疑り深いフリッツは、そんなの、インチキに決まっているとおばあさんに詰め寄ります。

おばあさんは、フリッツに向かって杖を振りました。すると、あらあら、不思議・・・!

フリッツは、みんなに大笑いされます。恥をかかされたフリッツは顔を真っ赤にして怒りました。

 

おばあさんは、変装の衣装を脱ぎました。彼女がドロシーだとわかると、子供達はもっと手品を見せてと、せがみました。

ドロシーはクララのくるみ割り人形や、他の人形に向かって、杖を振りました。

すると、まるで生きているように人形が踊りだしました。

まずは、コロンビーヌという女の子のお人形、ピエロのハレーキン人形、最後にくるみ割り人形が大きくなって踊りました。

子供達はとても驚き、そして人形の踊りを楽しみました。

でも、みんなの前で、恥をかかされたフリッツは面白くありません。友達の男の子達をそそのかして、人形を壊します。

クララは、人形が壊されて大泣きしてしまいます。

お母さんや、ドロシーが慰めますが、止まりません。

お友達もたくさん来ているし、楽しいパーティなのだから、泣くのをやめないといけないと、わかっているのですが、次から次へと涙が出てくるのでした。

お母さんは、もう夜も遅いから、パーティをお開きにしましょうと、みんなに言いました。

子供達は、クララを気遣いながら、それぞれのおうちへ帰って行きました。

お母さんは、クララに早く寝室へ行くように言いますが、もう少し、と、居間に残りました。

クララは、壊れた人形たちを抱いて、泣き疲れたのか眠ってしまいました。

そこへ、まだ、みんなの前で恥をかかされたことに腹を立てているフリッツが、そろりそろりと、やってきて、人形たちを隠してしまいました。

 

やがて、真夜中を知らせる12時の鐘が鳴り出しました。

最後の鐘の音が終わりを告げると、隠してあったお人形のコロンビーヌとハレーキンが大きくなって動き出しました。壊れているので、少し動きにくそうです。コロンビーヌとハレーキンは、フリッツを懲らしめようと追いかけます。フリッツは怖くなって、逃げ回ります。

眠っていたクララは、辺りの様子が変なことに気がつきます。クリスマスツリーのところに、隠してあったくるみ割り人形を見つけ抱きしめました。

すると、どこからかドロシーが現れて、くるみ割り人形が動き出しました。

フリッツは、お人形を粗末にしたことを心から謝りました。クララも一緒に謝りました。

すると、壊れていた人形達はすっかり治り、元気になりました。

くるみ割人形は、クララと一緒に踊りました。

くるみ割り人形は、クララとフリッツを夢の国へ招待しました。コロンビーヌとハレーキンは嬉しそうに踊ります。天使たちが現れて、夢の国へ導きました。

 

間奏

 

クララとフリッツは人形たちの道案内で夢の国へたどり着きます。

そこは、楽しく、美しい音楽が流れ、花の精たちで溢れていました。

美しいこんぺいとうのお姫様が、花の精たちと一緒に、クララとフリッツを歓迎しました。

スペインの曲が流れ始めると、コロンビーヌは、クララとフリッツを、ダンスに誘いました。

くるみ割り人形は、ロシア人形と一緒に迫力ある踊りを披露し、フリッツはハレーキンと中国の踊りを軽快に踊ります。花の精たちも嬉しそうです。

クララは、くるみ割り人形と一緒に葦笛の音楽に合わせて仲良く踊りました。

最後にこんぺいとうのお姫様が踊り、みんなは喜びに溢れました。

 

 

気がつくと、クララとフリッツは居間で寝ていました。

人形たちに囲まれて。

二人は仲良く天を見上げるのでした。

 

 

おしまい。

続きを読む <くるみ割り人形とドロシーばあさん>