<新しい時代と体>

feelballetでは、生徒の皆様に少しでも健康に良い環境でレッスンしていただけるよう工夫しております^^

まずは、スタジオの床構造。ダンサーの足、膝、腰など体の負担にならないハイレベルな作りになっています。

それから、電磁波を良い電磁波に変えたり、マイナスイオンを発生させたりできるものを導入し、空間環境を整えています。

普段の清掃除菌も、化学薬品を使わないようにし、天然の殺菌力がある蒸留竹酢液を使用しております。
生徒達の自己免疫力を上げるため、こっそり?常在菌アップを図っています^m^

この冬も、元気にレッスンしていきましょうね♪

さて、これから、5Gの時代が始まりそうですね。
以下のリンクは、総務省から5G展開に向けた取り組みPDFです。
2時間の映画が3秒でダウンロードなど、驚くことが沢山書いてありました。**

総務省の取り組み内容のPDF

夢のようなことが可能になるようですが、
人類が経験したことのない高い電波が日本中に駆け巡ります。
人間は電気を通す生き物。
敏感な人も、そうでない人も、赤ちゃんから、お年寄りまで、見えない影響を長い時間かけて受けるんだろうなあと想像しています。

以下のサイトは、わかりやすく興味深かったです。よろしければご覧ください。サンフランシスコを拠点としたKDDI総研の特別研究員の方の情報収集発信サイトからの記事です。
新型コロナと5Gとの関係

また、下のリンクは、英国ロイズ保険会社が、5G関係の保険引き受けを断った話も含まれている浜田和幸氏の記事です。(2019年11月)

浜田和幸: 国際政治経済学者。前参議院議員、元総務大臣・外務大臣政務官。2020東京オリンピック招致委員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。

 

原文一部抜粋
<2010年、英国の保険会社ロイズ社が驚くべき報告書をまとめた。それは無線通信技術とアスベストを比較したもの。すでに今から9年も前に出されたものだが、さすが世界最大の保険会社である。同社のリスク分析チームは5Gのもたらす危険性について当時から注目していたというわけだ。その結果、ロイズは大手の通信事業会社から5G導入に関連する保険の引き受けを要請されたのだが、すべて拒否したのである。5Gのもたらす健康被害額が膨大になり、とても保険事業としては採算が合わないとの判断が下されたのである。実に冷静な対応であったと思われる。>

5G、健康被害研究報告相次ぐ、世界で導入禁止の動き、日本では議論すら封印

photo by Yukimi Sakashita