<からだのこと。おもうこと。>

からだのことは、むずかしい。

ゆがんでいて、ふつう。

ゆがんでないひとはいないだろう。

しかし、あきらめず

すこし、

ちょっと、

ぐあいよく、ありたいと、

なまけごころとたたかいながら

ひび、いきる。

プラス!

ぜいたくなことだが、

われわれは、

(バレエのつかいかた)で、つかう。

そして、さらにむずかしいが、

(バレエのつかいかた)をてばなすこと。

そう、

できるだけ、(バレエのつかいかた)からもどるじかんをもつ。

そうしたら、ながくつかえるはず。

かいかえがきかない、

わたしたちのからだ。

わかいときは、

なかなかそれができない。

(   )のなかは、バレエでなくてもいい。

ほかのスポーツでも、

えんそうでも、

なんでも。

しかし、それらをおこなういぜんの、

せいぶつとしての

からだと、うごき。

ここが、すでにむずかしい。

でも、そこをたいせつにしたら、

しぜんかいのほうそくにあった

うつくしいカーブが

うまれるはず。

それは、みるひとの

こころに

とどくはず。

かいていると、

おばあちゃんの

せなかのまるみが

こいしくなった。

Photo by Yukimi  Sakashita